開発手記140807

Trace It!

各種アイコンを作成
ラフは出来ていたので、大きさ合わせてFIX
DSC0220351.png

これは、どのカメラアプリにも言える事だが、エフェクトをアイコンのみで表示すると、パッと見でエフェクトの種類がわからない
(もちろんわかりやすいアイコンを作っているつもりではあるが・・・)

長押しでエフェクト名が表示される等の機能が必要か


各種エフェクトを実装していく
GPUImageでコントラスト、彩度、明るさを調節
http://unibo.hatenablog.com/entry/2014/01/16/002701


書いてある通りにやってみるも、動かない
filterの中の
UIImage *outputImage = [sepiaFilter imageFromCurrentlyProcessedOutput];
このメソッドが見つからないとの事

探してみたところ、どうやら方法が変わったらしい。
http://qiita.com/rooooomania/items/68214c7771d17af2ab64


彩度・明度エフェクトを実装
DSC0220355.png

左右ドラッグで彩度、上下ドラッグで明度の変更を行う



コントラストエフェクトの実装
DSC0220354.png

左右ドラッグでコントラストの調整が出来る


エッジ検出の際もだが、各エフェクトのかけ具合は画面に対するタッチの座標で決定する
何らかの方法でユーザに伝える事



次回エフェクト動作のFIX
どの順番でエフェクトをかけるか、その為の仕様変更等


開発手記140811

Trace It!

エフェクトをかける際に、ドラッグに画像が追従するようにした

DSC0220357.png

タップとともに十字のボタンが表示されるので、ドラッグしたポイントでエフェクトがかかるとわかる


◆ハマったポイント
エフェクトをかける際にUIImageViewに新しい画像を指定しているのだが
画像が勝手に90度回転されて引き延ばして表示されてしまう。

なんこれ
DSC0220358.png

過去にカメラアプリを作成した時にも同じ様な状況があった
UIImageからCGImageを取り出した時に画像の上下情報が無くなるので、この様なことになる・・・と思っていたのだが・・・

過去に参考にしたURL
iPhoneカメラで撮影した画像のUIImageからCGImageを取り出すと90度傾く問題の解決法
http://blog.katty.in/105

今回は連続して使用するメソッド内での話なので
上記のdrawInRectで再度imageOrientationを指定する方法はメモリを食い過ぎる

しかも、今回は本体デバイスのorientationによって画像の方向が変わる
上記方法で解決しない



結論としては
エフェクトとして使用しているGPUImageのimageFromCurrentFramebufferから取得したUIImageが、回転情報を持っていない
UIImageのimageWithCGImageで上下の情報を指定することで解決。

// 取得した画像を回転情報を持たせてセットする
UIImage *resultImage = [UIImage imageWithCGImage:[contrastFilter imageFromCurrentFramebuffer].CGImage scale:1.0 orientation:UIImageOrientationUp];
[contrastImageView setImage:resultImage];



・アイコンを作成
DSC0220359.png

・画像のエフェクト関係の動作をFIX
  エフェクト毎に複数のUIImageViewを用意する事にした。
・メモリ関係の調整
・エフェクト動作のリファクタリング


残り作業
・チュートリアル
・設定画面




開発手記140812

Trace It!

設定画面の実装
DSC0220360.png

UIToolBarを使って、背景をぼかした(Blur)ModalViewっぽくしている
実際にはモーダルビューは使用していない。

UIButton等はあらかじめAddSubViewしておいて、表示時に全て動かす。


設定項目自体は1項目しか無い。
起動時に輝度を最大にするかどうか、のみ。

アプリケーションで設定できない、マルチタスク用ジェスチャの切り替えをここで促す。
トレス作業における著作権上の注意も載せている。

のこり作業
・チュートリアル
・ローカライズ
・iTunesConnect関係

開発手記140813

Trace It!

チュートリアルを作成+ローカライズ作業
DSC0220360_20140814021230001.png

海外の人たちをターゲットにしているので、なるべく他言語対応させたい。

今回対応したのは、いつものダウンロード国別集計から、iOSが盛り上がってそうな国を選んだ。

具体的には
・英語
・日本語
・ロシア語
・ポルトガル語
・スペイン語
・韓国語
・イタリア語
・フランス語
・ドイツ語
・トルコ語

に対応した。

アプリケーションはこれで完成!

残り作業
・AppStore文言
・AppStoreスクリーンショット
・AppStoreSEO

これらも各言語対応版を作成したい

開発手記140815

Trace It! 開発記

Large App Iconを作成
DSC0220362.png

勘違いしていたのだが、Large App Iconは国別に設定出来ない・・・
Iconにロゴを付けようと思っていたけれど、諦める事にする

DSC0220363.png
右下のロゴを削除
微妙にレイアウト空いてしまった・・・


・スクリーンショットを作成
DSC0220361.png
アプリ自体をローカライズしている国は各言語毎に作成してある

・AppStore説明文、検索ワードの設定
各言語に対応させた


以上完成!
1週間ほどしたらレビューに入ると思います!




プロフィール

Airwire(えあわいやー)

Author:Airwire(えあわいやー)
 
iPhoneアプリ開発者です。
開発手記などを載せていこうと
思っています。

Feedback Recorder
(itun.es/i6Sw4dw)
累計40万ダウンロード達成!

作成したアプリケーションは画面右のリンクから

アプリの制作過程は左下のカテゴリでまとめて見られます。

リリース報告&要望、報告受付は
Twitterアカウント@Airwire_product
にて行っております。

連絡先
dev.airwire[@]gmail.com
@の横の[]を削除してください

Developer's Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
作成したアプリの紹介
公開中のアプリ
検索フォーム
Airwire products. QRコード
iTunesのアーティストページが開きます
QR